About MlesnA Tea

ムレスナティーは、1983年にティーテイスターのアンスレム・ペレラ氏が創設したセイロンティーのブランドです。

当時セイロンティーではヌワラエリア産F.B.O.Pの茶葉の特徴があまり認識されていませんでした。そこに目をつけたのがアンスレム氏です。F.B.O.Pは茶葉の中に白い新芽(ティップ)の先端が残っていて、比較的大きいリーフであることが特徴です。

20年前他のティーテイスターにとって新芽(ティップ)やこのリーフから生まれる独特の甘さは重要でないという認識でした。しかし現在最も高い価値があるとされているヌワラエリアF.B.O.Pを、いち早く世に送り出した事でアンスレム氏はティーテイスターとしての地位を、不動のものとしました。また、彼の嗅覚がもたらす茶葉のブレンド技術は、スリランカはもとより世界の紅茶業界に多大な影響を与え、最上級の紅茶を作り続けるという彼の信念は創業時から現在も変わることはありません。

 

1.   ヌワラエリアF.B.O.Pへのこだわり

ムレスナティーはスリランカ ヌワラエリアF.B.O.Pを主体とし、ディンブラ、ウバ、ルフナの厳選された茶葉を供給します。しかし創業以来ハイグローンにこだわり続けてきたムレスナ社は、常に高いクオリティーのヌワラエリアF.B.O.Pを買い続けているため、現在もほぼ独占状態にあります。皮肉にも価値がないとされていたその茶葉は、現在スリランカで最も高値で取引されているのです。

2.   若葉主義

20年前渋みと苦味のバランスこそが美味しい紅茶とされていた時代に、新芽は重要視されていませんでした。しかしこの若葉の新芽にこそ本当の紅茶の美味しさが隠されていると感じたアンスレム氏の考えは、現在も変わることはありません。

3.   最も鮮度が高いと言い切れる訳

スリランカでは、ほぼ365日茶葉の栽培が行われ、年間を通してオークションが開かれます。農園を持たないムレスナ社は、大量の在庫を抱え込むことなくその時々の最高の状態にある茶葉を厳選し供給するため、最も鮮度が高いと言い切れるのです。

4.   重要なのはコストよりクオリティー

ムレスナ社が仕入れの値段を気にしないことは、スリランカで有名な話です。農園を持てばコストが下がりますが、品質を保つことは非常に困難です。なぜなら常に同じ畑からとれる茶葉が、美味しいとは限らないからです。

最高の茶葉を最高のテイスターが選び続けるため、その品質は絶対であると約束でます。営利だけでなく紅茶に対してもあくなき情熱がムレスナ社にあることが、ご理解頂けると思います。

5.   世界に通用するフレーバーティーへ

ムレスナ社のフレーバーテイストは、どちらかと言えば欧米人向けのテイストに作られています。しかしDAVID.K氏のブレンド技術によって、アジア人向けの数多くのフレーバーテイストが完成されたのです。人種によって異なる微妙なテイストの違いまで考えているムレスナ社だからこそ世界に通用すると言い切れるのです。